シシュテックの効果を分かりやすくまとめてみた

人から聞いた話なのですが、
ある日、歯を磨いていたら歯がグラっとして・・・

その不快感は歯槽膿漏が原因だったようです。

その人はいつからか口臭をキツく感じたそうです。

歯槽膿漏の前兆として歯茎が炎症し、腐り始めていたのでしょう。

歯槽膿漏の予防としておすすめされる方法は、
歯周ポケット(歯と歯茎の間)までしっかりとブラッシングすることです。

でも、歯周ポケットまで磨けている人はなかなかいません。

力を入れすぎると歯茎を傷つけてしまうので、
歯周ポケットのブラッシングはとても難しいと言われています。

歯医者さんでも教えてくれませんし・・・

でも、

歯槽膿漏にはなりたくなりですよね?

それでしたら、新しいタイプのマウスウォッシュを使ってみませんか。

30代以上の方に人気のマウスウォッシュをみつけました。

シシュテックというマウスウォッシュは、
歯周病予防専用として使われています。

歯槽膿漏は歯周病のひとつで油断していると、
30代を過ぎた方なら誰にでもおこる歯茎の病気です。

今までのマウスウォッシュには歯槽膿漏への効果はありませんでした。

私の記憶をたどっても、たしかに聞いたことないです。

しかし、

シシュテックを使うと、たった10秒口をすすぐだけで
歯槽膿漏などの歯周病からの不安から解放されます。

シシュテックについて詳しく調べてみましたので、
口コミや評判、効果、どこで購入すればいいのかを紹介します。

あなたの口臭の原因、思ったよりもヤバイかもしれませんよ。

シシュテックの詳細を見たい!という方はこちらをクリック

シシュテックの歯槽膿漏への効果ってホンモノ?成分から分かる効果を調べてみた

ただのマウスウォッシュが本当に歯槽膿漏を予防してくれるのか?

そんなこと言われても誰でも不安になりますよね。

そこで、シシュテックの効果について調べてみました。

どのような成分が歯槽膿漏に効いてくれるのかが分かると安心して使えますしね。

まずは、成分について調べたのですが、

全部で7つの成分が見つかりましたので、その成分についてお伝えしていきますね。

イソプロピルメチルフェノール(殺菌成分)について・・・

イソプロピルメチルフェノールはあまり聞き慣れない成分だと思いますが、
殺菌効果に期待できる成分です。

制汗剤や消臭剤などに入っている成分で、
ニオイの原因になっている菌に対して強い殺菌力でやっつけてくれます。

どんなものに使われるのかというとワキガ対策や足臭対策が多いですね。

ということは?

イソプロピルメチルフェノールで歯周病予防するということは
理にかなっているということになります。

歯槽膿漏になる前にイソプロピルメチルフェノールを使うことができれば、
かなりの確率で予防が可能になると思われます。

グリチルリチン酸2K(抗炎症成分)について・・・

グリチルリチン酸2Kは口の中の炎症を防いでくれる成分です。

歯槽膿漏は歯ではなくて歯茎の病気なので、
歯茎の炎症や腫れを防がなければいけません。

でも、歯磨き中に歯茎をブラッシングするのはけっこう大変ですよね。

忘れることも多いですし、力の入れ具合を間違えるとすぐに歯茎が傷ついてしまいますから。

それを考えると、グリチルリチン酸2Kが入っているシシュテックのように
口の中をすすぐだけで予防できるのは簡単なうえに安心できます。

歯周炎や歯肉炎も予防してくれるのでうれしくなってきますね。

ローズマリーエキス(抗酸化効果)について・・・

ローズマリーはシソ科の植物で抗酸化作用に期待できます。

シソ科の植物はどれも抗酸化作用に優れていますが、
なかでもセージとローズマリーはとくに抗酸化作用がトップレベルだといわれています。

それで、抗酸化という言葉にピンとこない方のために
抗酸化についてお伝えしたいと思います。

抗酸化というのは「活性酸素を抑える働き」のことを意味します。

加えて活性酸素についても説明しますが、
活性酸素というのはあなたが取り込んだ酸素の一部が酸化力を持ってしまうということです。

酸化は直接老化につながりますので止める必要があります。

老化防止というと分かりやすいかもしれませんね。

それで、老化防止が歯槽膿漏とどう関係するのかというと
歯槽膿漏は老いと比例します。

歯茎は普段あまり見ないところですが、
年齢とともに衰えているのはたしかです。

10代や20代では気にならなかったのに30代以降になって、
歯茎から血が出てくることってけっこうありますよね。

それって歯茎の老化が原因になっている可能性がものすごく高いわけです。

そこで、ローズマリーのような抗酸化効果が必要不可欠になってくるわけです。

ビサボロール(抗炎症成分)について・・・

ビサボロールはシシュテックに絶対不可欠な成分です。

ビサボロールがあるからこそシシュテックが多くの人の悩みを解決して、
喉から手が出るほど必要とされているのですから。

すいません。

もったいぶらずにお伝えするとですね、
ビサボロールというのは品質を保持してくれる成分です。

シシュテックの効果が多くの人に実感されているのは、
ビサボロールがシシュテックの効果が出るように品質を維持しているからなんですね。

直接歯周病に関係しませんが、ビサボロールはとても重要な成分です。

キシリトールについて・・・

ガムを噛む習慣のある人もない人も、
絶対に耳にしたことがあるキシリトール。

名前は聞いたことがあるし知っているけど、
どのような効果があるのか知らない方もいらっしゃるはず。

キシリトールというのは安全な食べ物で、
イチゴやナス、ほうれん草にも入っている成分です。

簡単に言うと甘味炭水化物のひとつというわけ。

で、

「キシリトールは甘味料だけど虫歯の原因にならない!」と聞いたことはないですか。

虫歯になる原因は歯垢や口の中の酸なのですが、
キシリトールに対しては歯垢や酸を作りません。

だから虫歯にならないというわけですが、
私が驚いたのは虫歯の発生を防ぐことが可能だということのほう。

説明するとキシリトール(ガムが多い)を口に入れると唾液が出てきます。

この唾液が口の中を洗浄することによって虫歯菌をなくしてくれます。

そして、もうひとつの特徴なのですが、
キシリトールの甘味成分は虫歯菌のエサにならないということ。

人間もそうですが、食事を取らないと死滅します。

虫歯菌も同じで甘いものがなければ死んでしまうのです。

その結果、虫歯にならない歯を楽に作れることができるというわけです。

メントールについて・・・

日本人ならハッカという名前のほうが馴染み深いかもしれません。

メントールはペパーミントやハッカの主成分です。

ヒンヤリしたイメージをもっているでしょうが、
その理由は約26℃でも冷たいと感じる性質を持っているからなんですね。

少々高い温度になっても冷たいと感じさせる特徴があります。

そして、おなじみのスッキリ感。

メントールというとマウスウォッシュになくてはならない成分です。

粘膜についた状態が長すぎるとよくありませんが、
洗い流すように使うのであればもちろん有効です。

シシュテックの効果のひとつを担っています。

茶エキスについて・・・

ご存知かもしれませんがお茶でうがいをすると
風邪の予防になると聞いたことはないでしょうか。

お茶には殺菌効果があります。

カテキンという成分が菌対策に効果があるので、
お茶を飲む習慣がある人は飲まない人に比べて体調を崩さない。

茶エキスはローズマリーエキスと同じで抗酸化作用がありますので、
老化防止への効果が期待できます。

シシュテックの場合、マウスウォッシュなので
殺菌効果の方がより体への効果としてあるわけですが。

歯槽膿漏への効果まとめ・・・

シシュテックが歯槽膿漏に対して予防効果があるという理由が分かりましたでしょうか。

7つの成分を紹介しましたが、どの結果を見ても
歯槽膿漏に対して前向きになれる気がしますよね。

イソプロピルメチルフェノール
グリチルリチン酸2k
ローズマリーエキス
ビサボロール
キシリトール
メントール
茶エキス

口の中を徹底的に殺菌して雑菌をなくしてくれるので、
歯槽膿漏の原因である歯周ポケットに詰まっている歯垢を取り除いてくれます。

虫歯で歯がなくなる人はいますが、歯槽膿漏でも歯をなくす人がいます。

それほど怖い歯周病を予防するためには、
歯磨きでは落ちにくい歯垢を落とす必要があります。

シシュテックは歯医者さんのために開発された医学部が遺品です。

今までのマウスウォッシュとは全く違うものになっているので、
まだ使ったことがない方はお試し感覚で使ってみるといいですよ。

シシュテックについての詳細や安く購入する方法については
下記で紹介しているので、そちらでどうぞ。

 シシュテックの詳細についてはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加